部品や製品の試作は木型で行なうのが最適|安く頼めるハステロイ加工

男の人

加工コストが高い金属

機械を操作する人

ジェットエンジンの燃料室や、圧力計の調整弁など、重要な機器に使用される素材といえば、ハステロイが挙げられます。ニッケル合金の一つであるハステロイは、高い耐熱性、耐腐食性があるため、重要なパーツに使われる頻度の多い金属です。しかしながら、耐久性に優れた金属となると、問題となるのがその加工のしづらさでしょう。硬化でかつ熱にも強い金属となると、通常の金属加工法では扱うことができないのです。開発中の製品にハステロイを使用したいと考えているならば、ハステロイ加工専門の会社に依頼するとよいでしょう。専用の機器と腕のよい職人が、しっかりとハステロイ加工による製品を作ってくれます。

ハステロイ加工を依頼する上で、ネックとなるのが費用の問題です。耐久性や耐腐食性に一定の評価があるステンレスの場合、一キロを加工するにあたり500円程度の費用となります。しかし、難削材を使ったハステロイ加工を行なう場合、同じ一キロでも価格は一万円以上もの費用が必要となるため、簡単に加工の依頼を行なうことはできません。重要なパーツには欠かせないハステロイですが、品質の高さを求めてしまうあまり、製品の価格もつり上がってしまい、結果的に消費者が購入しづらくなる場合もあるため問題となります。ハステロイなどの難削材の加工を行なう会社の中には、加工が難しい金属のコスト削減に努めている会社もあります。一から素材を溶かし、成形するのではなく,あらかじめパーツごとに分けた形状に加工して溶接するなど、効率のよい加工方法を実施することで価格を安くしてくれるのです。