部品や製品の試作は木型で行なうのが最適|安く頼めるハステロイ加工

男の人

品質を確かめるために

研究員

火力発電所やボイラー機器を扱う工場などでは、毎日大量の燃料を使用して業務を行ないます。使用している燃料は、多くの場合信頼できる会社から取り寄せるものでしょう。しかし、コスト削減を目的として安い燃料を導入した場合、粗悪な燃料を機器に使用してしまうことになるため、問題となります。品質の悪い燃料とは、不純物がたくさん含まれている燃料のことです。もしも粗悪な燃料を使用してしまった場合、ボイラーに大量の燃焼カスが付着してしまうため、ボイラーが劣化しやすくなります。毎日大量の燃料を燃やすボイラーは、常に熱による影響を受けるため、負荷が掛かりやすいものです。不純物が大量に含まれている燃料を燃やした場合、不純物がボイラー機器を腐食してしまうため、寿命がさらに短くなります。定期的な掃除を行なえば問題がないと考える人もいるでしょう。ですが、不純物の多い燃料を使った場合掃除も困難となるため、手間が掛かる分人件費の高くなります。安い燃料を導入したことにより、結果としてコストが余計に掛かってしまう事態に陥りかねないので、注意が必要なのです。新しい燃料を導入する場合、燃料分析を行なう会社に依頼しましょう。燃料に含まれる不純物を測定してくれるので、きちんとした品質の燃料かどうかがわかります。

燃料分析を行なう会社では、使用する燃料が環境に配慮されたものかどうかも調べてくれます。環境に優しい燃料といえば、バイオマス燃料が挙げられるでしょう。廃棄物のリサイクルによって燃料として使用ができるので、使用する燃料をこうしたバイオマス燃料に変えることで、エコに貢献している企業としてアピールできます。しかし、このバイオマス燃料は不純物が混ざりやすいものでもあるため、導入する場合にはきちんと燃料分析を行なう必要があります。燃料分析によって環境に優しい燃料だと証明できれば、ISO14000などの認証資格取得にも役立てられるでしょう。